法人向けパソコン値段価格

法人向けパソコン価格比較!【個人購入で妥当な金額とは?】

 

画像

法人向けPCの価格は、それこそピンからキリまで出揃っています。

 

人気の価格帯は4万円〜6万円の範囲内で、多くの企業がこのラインで注文をかけています。

 

意外と安いPCで仕事しているんだな・・・と思われた方もいるかもしれませんが、大体こんなものです。

 

この価格帯が人気である理由としては、やはり買い替え需要を見越した「融通の利きやすい範囲」である事が一番だと思います。

 

OSを変更するので、PCも新調する。1台や2台の話ではなく、大きな会社だと数十台のPCを一括して入れ替える訳ですからね。そう考えるとあまり大きな金額のPCを揃える事はできません。

 

こういった背景から、販売しているメーカー側も、

 

 

4万円〜10万円程度の法人向けPCを主力ライン

 

 

と位置付けています。

 

最も多くの注文が入るので、この価格帯の商品を数多く用意する。これは当然の試みと言えるでしょう。

 

逆にこうした風潮が、法人向けPCの中からハイスペックなPCを購入したいというユーザーに対して、厳しい環境を生み出しています。

 

メーカーによっては、一般的なハイエンドモデル自体を用意していない事も多いのです。理由は上記の通りで、売れないから。

 

PC業界は不要な在庫ほど赤字になると言われています。そのため、法人向けPCをメインにしている販売メーカーのほとんどが、ロースペックで構成するという習性を持っています。

 

このため、一般的な個人向けPCの価格が20万円程度で、これを法人向けPCとして用立てたい場合には、DELLやHP、ドスパラやサイコムといった選択肢しか残されていません。
勿論、他の中小メーカーも依頼があれば、ハイスペックなPCを法人向けとして不要な部分を削除し、ある程度安価な価格で提供してくれる場合もあります。

 

しかしこの場合は、特別注文という形になり、やや高額になってしまう事がほとんど。

 

大手のように始めから高スペックパーツを用意しているのではなく、急遽仕入れるという形になるため、パーツ価格そのものが高騰してしまう傾向にあるのです。

 

こうした現状を踏まえると、以下のような結論を出す事ができます。

 

★ 10万円以内の法人向けPCは選り取りみどり
★ 10万円以上のランクの高いPCを購入する場合はある程度メーカーが絞られる

 

必ずしもそうなっている訳ではありませんが、傾向としてこうした状況を鑑みておくと、購入しやすくなるかと思います。

 

ネットが出来ればそれで良いというユーザーには低価格のラインナップを。

 

グラボやCPUにこだわったPCが欲しい場合は、法人向けBTOを得意としているメーカーを利用していくのが賢明です。

 

 

ドスパラ

画像


img


マウスコンピューター

画像

img


サイコム

画像

img


法人向けパソコン価格比較!【個人購入で妥当な金額とは?】関連ページ

見積もりは取るべき?
法人向けパソコンをいざ購入するときに迷わないために!買い方・注文・見積もりに関する知識をこちらで身につけませんか?個人購入について知りたい人向けの情報も。
割引交渉術はこちら!
法人向けパソコンを大量購入するとかなり安くなるの?そうでもない?こちらでは見積りから料金交渉・予算などお金の面から法人向けパソコンについて調べております。