法人向けパソコンは見積もり必要?

法人向けパソコン個人購入の極意!【スペック比較に見積り活用】

 

画像

法人向けPCは見積もりを前提として購入していくのがおすすめです。

 

カスタマイズするのが面倒だという人には、ワンパッケージになっている法人向けPCでも問題はありません

 

ただ、長期間での利用を想定している場合は、可能な限り、予算に応じたハイスペックなPCを用立てていくのが理想的。

 

法人向けPCの購入方法は、オンライン注文をするのが一般的です。

 

勿論、電話で相談しながら注文をする事も可能です。

 

大手メーカーのほとんどが法人向けPCを販売していますので、いつも利用している個人向けとは違うページをクリックし、後はお好みのPCを選択していくだけでOK。

 

ただ、全てのメーカーが法人向けPCを一般販売している訳ではなく、

 

正式な注文をする場合には、法人向け登録を迫られる場合もあります。

 

この場合は、個人として購入する事はできず、個人事業主として屋号を入力しても、拒否されてしまう事があります。

 

よく勘違いされやすいのですが、法人と個人事業主は存在そのものが大きく異なるのです。法人は登記(役所に30万円の登録料が必要)をしている事が前提であり、個人事業主はその必要がありません。そのため、完全に法人向けとして販売しているメーカーの場合は、その窓口に入る事すら難しくなっているのです。

 

そのため、個人で法人向けPCの購入を考えている人は、SOHO、個人事業主用の法人向けPCを販売している会社を選択していく必要があります。

 

どちらにせよ、注文をする前に、見積もり書を発行してもらう事は可能です。

 

法人向けの場合は数量というカテゴリーのみでも見積もりを必要としますので、スペックや値段を印刷して手元に置いておく事ができます。

 

1台しか購入しないので

 

見積もり書は必要ないと思うけど・・・?

 

・・・・こう考えている方も多いかと思いますが、スペック比較や保存という目的でも見積もりは作成しておくべき。

 

特に法人向けPCの場合は、ちょっとした構成の変化で価格が大きく変化してしまいがち!そのため、この場合はこういった金額になるといった見積もりがかなり取りやすくなっています。

 

色々なパターンで見積もりを取る事ができるので、予算に応じた構成がしやすくなるという、かなり大きなメリットがあるのです。勿論、見積もりはあくまでも見積っているだけなので、依頼をしたからといって必ずしも購入する必要はありません。

 

富士通やDELL等、1台からの購入でも親身になって相談に応じてくれる会社も数多く存在していますので、個人向けで購入する場合でも、大いに活用していきましょう。

 

 

ドスパラ

画像


img


マウスコンピューター

画像

img


サイコム

画像

img


法人向けパソコン個人購入の極意!【スペック比較に見積り活用】関連ページ

だいたい価格はどのくらいなの?
法人向けパソコンの価格ってだいたいいくらくらいなもの?ついでにBTOでカスタマイズもできるって本当?こちらでは値段別の傾向もご紹介しているのでぜひ参考に!
割引交渉術はこちら!
法人向けパソコンを大量購入するとかなり安くなるの?そうでもない?こちらでは見積りから料金交渉・予算などお金の面から法人向けパソコンについて調べております。