法人向けパソコン

法人向けパソコンおすすめ節約術!【消費電力とパーツ豆知識】

 

法人向けPCは消費電力を抑えたシリーズが豊富に出揃っています。

 

ワット数で表記すると、300W〜500W程度が一般的!

 

中には200W〜300Wをベースにしているメーカーも存在しています。

 

自作した経験のあるユーザーからすると、何とも不安なワット数ではありますが・・・

 

高額なグラボやCPUを搭載している訳ではありませんので、むしろ電源パーツは安くて丈夫、そしてスリムである事が求められているのです。

 

こうした法人向けPCが使用する電力は、電気代に換算すると1時間に数十円程度。

 

複数のPCを同時起動させる事を前提としているので、低消費電力のPCが主流になっています。

 

そのため、高スペックな法人向けPCを個人購入として検討している人は、ここに注意が必要。

 

特にオーダーメイド(BTO)の場合。

 

画像

シンプルにそのメーカーがワット数の大きい電源を保有していない事があるのです。

 

何とも驚きですが、そもそも法人向けPCでパワーを要求される事自体が少ないので、これはしょうがない部分と言えます。

 

逆にBTOを主体としているメーカーが、法人向けPCを販売している場合には、かなり自由な選択肢が用意されています。それこそ700Wの電源を積む事も可能です。

 

グラボを2枚積むのであれば、900Wはあってもいいかもしれませんね。

 

その場合、スリムタワーには絶対搭載できませんが、これだけハイパワーのPCを法人として組む事も可能になっているという事は、是非覚えておいてください。

 

しかしあくまでこれは個人が法人向けPCをターゲットにした場合のお話。

 

会社担当の方の趣味でこういったPCを多数取り揃えていくと、会社のブレーカーが落ちてしまう事態にもなりかねません。

 

実際、夏場はゲーム会社、映画製作会社の場合は、使用台数を減らすなどの対策が採られています。(高性能なグラボほど、電気をガンガン使う・・・・)

 

消費電力の低いPCをもとめている場合は、あまり迷う必要はありません。

 

多くの法人向けメーカーが見積もりの段階で、抑えた電力を想定してくれている事がほとんど。

 

勿論、1台からの購入でもその傾向が強く出ています。

 

ただ、自作した経験のあるユーザーならお分かり頂けると思いますが、電源部分に関しては、後から積み替えるという選択肢もあります。

 

あまりこだわりすぎてしまうのも問題ですので、ケースのサイズと相談しながら購入していくというスタイルもおすすめです。

 

こうした積み替えを、法人側が販売メーカーに依頼する事もできます。

 

当然、受注した段階でこうした話をしておくのが理想的であり、安く済みますが、実際に法人向けPCをクライアント側が自由にカスタマイズしている事は多いです。

 

(サポートにも影響してくるので、販売側と相談する事が前提)

 

 

ドスパラ

画像


img


マウスコンピューター

画像

img


サイコム

画像

img


法人向けパソコンおすすめ節約術!【消費電力とパーツ豆知識】記事一覧

法人向けPCは見積もりを前提として購入していくのがおすすめです。カスタマイズするのが面倒だという人には、ワンパッケージになっている法人向けPCでも問題はありませんただ、長期間での利用を想定している場合は、可能な限り、予算に応じたハイスペックなPCを用立てていくのが理想的。法人向けPCの購入方法は、オンライン注文をするのが一般的です。勿論、電話で相談しながら注文をする事も可能です。大手メーカーのほと...

法人向けPCの価格は、それこそピンからキリまで出揃っています。人気の価格帯は4万円〜6万円の範囲内で、多くの企業がこのラインで注文をかけています。意外と安いPCで仕事しているんだな・・・と思われた方もいるかもしれませんが、大体こんなものです。この価格帯が人気である理由としては、やはり買い替え需要を見越した「融通の利きやすい範囲」である事が一番だと思います。OSを変更するので、PCも新調する。1台や...

基本的に法人向けPCを大量購入する事で、割引等を受けられる機会は少ないです。勿論、必ずしもそうなっている訳ではなく、お得意様割引を設けている会社も存在しています。ただ、明確に大量購入=安くなる とは言えないのが現状なのです。しかし買い手側からすると、大量に購入するのだから安くして欲しいという思いがあって当然。元々安く設定されているとは言え、支払い金額は数十万、数百万円クラスになるのですから、多少の...