法人向けパソコンをマウスコンピューターで!

マウスコンピューター法人向けパソコンどう?【価格おすすめは?】

 

マウスコンピューターは日本を代表するBTOメーカーの一つ。売上高は1,000億円を突破しており、名実共に最大勢力を誇っているメーカーになります。

 

その割には未だに中小のBTOメーカーと考えられている部分が大きく、その分、水面下(輸入や他企業の買収など)で売上を大きく伸ばしている会社でもあります。

 

画像

 

img

 

個人向けPCの販売がどうしてもパソコン部門での主力になってしまいますが、法人向けPCも大々的に取り扱いしています。

 

マウスコンピューターの法人向けPCは2002年にリリース!

 

現在ではMouseProが法人向け主力商品で、高いスペックと安価な価格という、個人向けの利点をそのまま活かした構成が最大の魅力になっています。

 

しかし個人で法人向けのPCを購入する事は不可能なメーカーで、あくまでも個人向けは個人向け。

 

法人は法人登録をする事で、初めて受注を可能にしています。

 

こうした明確な住み分けをしているBTOメーカーはどちらかというと珍しく、同じ屋号で対応がまったく異なるメーカーというのは、ある意味貴重な存在になります。

 

一般にそのPCが流用される事はないという事も意味していますので、セキュリティ部分を気にする企業からは、高い信頼を勝ち得ています。

 

 

マウスコンピューターで法人向けPCを購入する場合は、まずはアカウント登録をする必要があります。
法人名、部署名を記入する必要があり、ここが空欄だと受理されない仕組みになっています。

 

 

他の大手メーカーの場合だと、屋号名がの記入ページがある程度で、誰でも個人事業主になったつもりで注文する事ができるのですが、マウスコンピューターでそれをする事はできません。

 

扱っている法人向けPCは大きく別けて3タイプ。

 

・デスクトップPCタワー型
・デスクトップPCスリム型
・ノートPC15.6型液晶モデル

 

従来のような個人向けのBTOを考えてしまうと、どうしても狭い選択幅になってしまうのですが、カスタマイズできるスペック幅はそこそこ広めに設定されており、高スペックPCを組む事も容易になっています。
勿論、その場合の価格はかなり高騰してしまう事になりますが、大量注文による割引等は設定されていません。

 

しかし当日出荷できるラインを持っているのは最大の強みで、今日注文して明日届くというのも夢ではありません。この即時納品というスタイルが好評で、法人向けのシェアを大きく拡大させた原因にもなっています。

 

急にPCトラブルが起き、せっかくなので買い変えよう。・・・意外とこういったシーンは多く、その対応力の早さがマウスコンピューター法人部門の最大の武器と言えるでしょう。

 

ドスパラ

画像


img


マウスコンピューター

画像

img


サイコム

画像

img


マウスコンピューター法人向けパソコンどう?【価格おすすめは?】関連ページ

サイコム法人向けパソコン
法人向けパソコン購入、サイコムが実は評判って本当?個人購入もできてサポートも手厚いという口コミは果たして本当か?こちらで詳しくみていくと・・?
DELL
法人向けパソコン購入、DELLの評判はどうなの?ちょっと前はインテルCPUだからを優先的に使ってるから信頼感あるって口コミは本当?現在では?
ヒューレットパッカード
法人向けパソコン購入、ヒューレットパッカードの評判は?法人向けPCショップとしての大きなシェアをもつHP、巷の口コミや評判などを詳しくみてみると・・・?