法人向けパソコン

法人向けパソコンの購入で迷っている方に!

画像

 

img

 

img

 

法人向けパソコンショップ人気ランキング

ドスパラ

画像


img


マウスコンピューター

画像

img


サイコム

画像

img


個人購入との違いは?法人向けパソコン比較

img

 

法人向けPCとは、その名称通り、法人向けに開発・販売されているPCになります。

 

そのため、会社を経営している人や、備品調達に携わっている人にしか関係性の無いカテゴリーと捉えられてしまいがちなのですが、実は法人向けPCを個人で購入する事も可能になっています。

 

法人向けPC、個人向けPC。ある程度大きなパソコン販売メーカーであれば、必ずこの2種類の選択肢を保有しています。

 

どう考えても一般の方は個人になりますので、始めから法人向けPCを除外して考えている人も少なくありません。これは別におかしな話ではなく、販売側も法人と個人を区別化させる目的で、専用のページを用意しているのが実状です。

 

では法人向けPCとは何なのか?個人向けとはどういった部分が違うのか?

 

詳しくは別ページで解説していますが、法人向けには大きく分けて二つの販売側目的でカテゴライズされている風潮があります。

 

確実な決算

画像

一般的な個人向けPCの場合は、ローンを組む、クレジットカードで支払う、銀行振込、代金引換といった決済方法が一般的です。お店に行って直接現金を支払うケースもありますね。

 

法人向けPCの場合は、原則先払いが一般的な決済方法になります。
そのため、個人で法人向けPCを購入する場合には、原則として先払いの銀行振込が要求される事になります。

 

最近は微妙に法人向けを個人向けとして販売している会社もあるので、必ずしも銀行振込のみの対応になっている訳ではありませんが、法人向けPCの一般販売をオープン化させた時から今現在まで、ベースは銀行振込となっています。

 

シンプルな構成で販売

画像

個人向けPCの場合は、ハード、ソフト、共に様々なライセンス契約の元で取り入れているケースが多く、その分、価格に上乗せされている事が多いです。

 

逆に法人向けPCの場合は、シンプルに動作し、そして多目的ではない業務用として設計されていますので、不要と思われる部分は可能な限り削除されています。

 

そのために価格が安くなっている部分も大きいのですが、販売側としては組み立て・販売の効率化を図るというメリットがあります。

 

 

「大量に注文される事が多いので、できる限りシンプルなラインナップにしたい。」
「できれば個人向けPCも同じスタンスで販売していきたい。」
「でもこういったシンプルすぎるPCを一般のユーザーは魅力的だと考えてくれるのだろうか?」

 

 

このジレンマは実際に的を射ているポイントかつ、法人向けPCが安くなっている所以となっています。

 

 

ドスパラ

画像

img